クラウン最上級クラスのマジェスタ

クラウン、この自動車名を耳にしたことのある方は多いでしょう。
今から約60年前に発売され、今なお新車が販売され続けている、日本を代表する高級セダンです。
発売元はトヨタ自動車、売り出されてから半世紀以上。
この自動車メーカーにとって、特別であり続ける車種です。
高級感溢れる造りで、「いつかはクラウン」という、有名なキャッチコピーも生まれました。
内装はセレブリティに相応しいものです。
様々な機能、素晴らしい座り心地のシート。
大衆車とは一線を画します。
外装はスタイリッシュであり、骨太です。
年を経る毎にモデルチェンジを繰り返してきましたが、新モデルが発表される際は注目を集め続けます。
そして、いつの時代も先進性と堅実性を合わせ持っていました。
高級セダンとして君臨しつつ、最近ではキャッチーなCMを放送したり、ピンクや水色の車色を設定するなど、発売開始当時とは様変わりした現在の自動車業界においても、インパクトや存在感は衰えません。
種類も多様です。セダンにワゴン、かつてはトラックもありましたし、皆さんよく見かけるでしょう、タクシーもあります。
やはり、安心感がありますね。
ユーザーの需要に答えるべく、世界観を広げるトヨタ・クラウン。
この車には最上級グレードがあります。

それが、クラウンマジェスタです。

クラウンマジェスタは、特別な存在です。
乗っているだけで感じられる、特別感・優越感。
マジェスタに乗ることが出来るのは、会社役員・社長等のイメージがあります。
自ら操り運転するもよし、後部座席にゆったりと座り、街の移ろいを目にするもよし、たくさんのニーズに応えうる自動車です。
都市部の短時間移動でも、充分休養を得ることが出来るでしょうし、長距離の高速道路移動なども、快適に過ごせます。
いつかマジェスタに乗る日が来るとしたら、その時は周囲に自慢できるでしょう。
発売されてから息の長い自動車です。
この車の歴史を紐解くだけで楽しく、時間などあっという間です。
それぞれの時代に則したデザイン、価格、新たな機能。
年代により、ファンも別れたり、論争があるなど、飽きることはありません。
歴史があるということは、メーカーの並々ならぬ努力あってのものです。
新型発表時は、いまだ大変な話題となるだけに、担当者各位はとてつもないプレッシャーと戦っていることでしょう。
いつまでも我々自動車ユーザーに夢を与え続けてもらいたい、煌めく自動車であることを願います。