ロイヤリティーを継承するクラウン

クラウンはロイヤル系に属するブランドで、トヨタの高級車につけられている車名です。
1955年から製造されているクラウンは、数ある乗用車の中でも一目置かれる存在で、トヨタの特別なブランドです。

また、2012年現在では、14代目まで販売されていますから、長く続いている歴史的な車と考えられます。
車に乗る人は、段階的に乗る対象のクラスを変えることが多く、最終的にクラウンを目指して憧れるという風潮があります。
今でもこの車は特別な存在ですが、決して手が届かない存在ではないので、実現可能な夢ともいえるでしょう。
同じ系列でも、ロイヤルは特別中の特別なので、乗りこなすには経済力であったり、乗るに相応しい振る舞いが求められます。
クラウンにもロイヤルの雰囲気はありますが、比較的一般向けに作られていますから、乗用に必要な難易度は下げられています。

普段は、一般車両として見かけることが少なくても、タクシーや教習車、パトカー等の業務車両で見ることが出来ます。
これは耐久性が優れていたり、信頼されている証しなので、故障が許されない業務や特殊用途でも価値を発揮しています。
ロイヤルの系譜を継ぐ車は、設計者の拘りと製造技術の二つがあり、どちらが欠けても完成させることは困難です。
更に、受け継がれているブランドですから、プライドが欠けても受継ぐことは難しくなります。

信頼性が高く、信用されている高級車は他社にもありますが、特別な車の筆頭株であることに違いはないでしょう。
ロイヤルを受継ぐ車は特別なので、所有する喜びはありますが、一方では実用的に乗ることでも喜びが得られます。

人気の高さは新車価格だけでなく、中古車市場にも現れているので、息が長く続くロングセラーとなっている存在です。

クラウンが面白いのは、初代のクラシックなデザインを始めとして、世代的に着実に進化を続けている点にあります。
デザイン的に洗練され続けていたり、時代に合わせた外観と性能を備えているので、進化を感じ取ることが出来るといえます。
従来はカラーバリエーションが限られていましたが、明るい色が採り入れられていたり、女性が喜ぶピンクも登場し始めています。
一部には大人向けのイメージもありますが、必ずしも乗る世代を限定するものではないので、魅力を知る人に価値が分かる存在です。

時代の流れを見て柔軟に変化していますから、単なる高級車という評価に留まらず、世代や枠を越えて人気を集めている車です。

クラウンを多数扱うCSオートディーラーの情報は、CSオートディーラー評判集で調べよう。

一度は廃止されたアスリート

1955年にデビューして以来、14代目を数える日本を代表する高級セダンがトヨタのクラウンです。フルモデルチェンジの際には様々なキャッチコピーが用意され、中でも有名なのが1983年にデビューした7代目で、「いつかはクラウン」。国内市場をターゲットに置いた高級セダンは現在では珍しいため、高年齢層ユーザーの憧れの存在と言えます。

しかし、一度廃止されたものの2003年から継続しているグレードのアスリートは、3.5Lのエンジンを搭載するなどスポーティーな要素が強いため、特に12代目以降のモデルは若年層からの関心も強く、現在生産されているクラウンは幅広いユーザーから支持を得ています。

2012年12月にデビューした14代目の現行型はベースグレードとなるロイヤルを中心にハイブリッドを初めて導入し燃費を大幅に向上させたことで大きな話題を呼び、一気に人気が高まりました。これまでベースグレードとアスリートの外観の目立った違いはテールランプの形状程度でしたが、このフルモデルチェンジを機にフロントグリルを大きく変更したことから、両車の違いがより明確になりました。

2014年7月にマイナーチェンジがなされ、アスリートはスポーティーさをより強く演出したモデルへと進化を遂げ、2Lのターボ仕様、2.5Lの4WD仕様、フラッグシップとなる3.5L仕様のグレード体制が確立されました。ボディーカラーのラインナップにも大幅な変更が見られ、保守的な車の代表格とまで言われた常識を覆すようなパステルカラーの設定がなされています。かつてはタクシーのイメージが印象強い同車でしたが、現在では高級セダンでありながらにして幅広い世代から認知されている国民車へと生まれ変わったと言えます。

そして、クラウンのもう一つの顔といえるのが、日本を代表するパトカーであるということです。入札で有利なトヨタは歴代に渡ってパトカーとして世にたくさん送り出してきましたが、現行型がパトカーとして採用されることが決定されています。現行型のデビュー当初は「ハイブリッドでは条件に合わない」などという理由から、クラウンパトカーもこれで終わりかと言われていましたが、マイナーチェンジによるグレード体制の変更で、条件を満たしたようです。

所轄地域課や自動車警ら隊にはロイヤルの2.5Lの4WD仕様、交通機動隊や高速隊にはアスリートの3.5L仕様をベース車にしてパトカーを生産するようです。「パトカーに高級車はいらない」とよく言われますが、裏を返せば、トヨタが国内市場をターゲットにして長年に渡って生産を続けている同車が高く評価されている証拠ともいえます。

タクシードライバーに愛され続けるクラウン コンフォート

「慰め」の意味を持つコンフォート

トヨタが誇る伝統のセダン「クラウン」。そのクラウンをベースにタクシー専用車として開発され、日本中で見かけない日はないほど活躍しているのが「クラウンコンフォート」です。

クラウンコンフォートは、オリジナルのクラウンとは異なり、5ナンバーサイズの取り回しの良いボディサイズを持ち、日本の道路事情にとてもフィットしています。

エンジンは、お財布にも環境にも優しいLP(プロパン)ガスを燃料とする排気量2.0Lの直列4気筒DOHCエンジンを搭載しています。このエンジンは耐久性にも優れており、ゴー&ストップが多い市街地走行などあらゆるシーンに対応するパワーとトルクを備えています。気になる燃費は10:15モードで9.8km/Lです。駆動方式はFR(後輪駆動)方式を採用、トランスミッションはAT限定免許でも乗れるよう、電子制御式の4速オートマチックを搭載しています。

コンフォートのグレードは3種類をラインナップしています。

通常モデルのスタンダード、ワンランク上のデラックス、オーソドックスなデラック-Aパッケージです。いずれも1995年に現行モデルとなってから一度もフルモデルチェンジを行っておらず、古さを感じる部分もありますが、無駄を一切省いたオーソドックスでシンプルなインパネデザインなどは運転手はもちろん、お客様にも安心感と信頼感を与えてくれます。

全グレードで衝突安全ボディ「GOA」を採用、大事なお客様の身の安全をしっかりと守ってくれます。また、横滑り防止装置のVSC、車体の走行安定性を確保するTRC、ブレーキアシストなどの安全装備を装備しています。

長い年月をかけて熟成を重ねてきたコンフォートの車内空間は、ドライバーにとって疲れにくく運転しやすいことを念頭に設計されています。

運転席のシートにはアジャスターが設けられており、運転しやすい最適のポジションを調整できます。天井の前部には、夜間でも帳簿や運賃などをしっかり確認できる、明るい日報灯を装備しています。もちろん、料金メーター、表示灯、無線機、クレジットカード読取機、マルチプリンターなどの必要な装備を取り付けられるスペースもちっかり確保されており、使いやすい位置に配置されています。

後部座席の足元空間は、お客様にとって快適かつ乗り降りのしやすいように設計されており、広くて耐久性に優れているリヤシートの角は乗り降りしやすいように丸くなっています。後部ドアは開口角を限界まで広げ、乗降の妨げがないよう施されています。

4ドアセダンとステーションワゴンから始まったクラウン

トヨタクラウンは日本を代表する高級乗用車です。

初代モデルが登場したのは1955年のことで、4ドアセダンと4ドアステーションワゴンの2種類のボディ形状がありました。社内デザインであるボディデザインはアメリカ車の影響を受けつつも、「だるま」のような曲面を多く使ったユニークなデザインで、観音開きのリアドアが特徴的でした。

エンジンは最高出力48馬力、排気量は1,453 ccの水冷直列4気筒OHVのR型が搭載され、トランスミッションは3速のマニュアルミッション、サスペンションは、日本の舗装がまだ行き届いていない道路事情を考慮して、フロントはコイルスプリングによるダブルウィッシュボーン式の独立懸架を採用しましたが、リヤは固定車軸方式が採用されています。駆動方式はFR、最高速度は公称100 km/hを達成していました。

現行型クラウンは14代目になり、2012年に登場しました。

ロイヤルサルーンシリーズとアスリートシリーズの2構成となっているのは前モデルと同様ですが、ロイヤルサルーンシリーズの最上級グレードである「ロイヤルサルーンG」に搭載されるエンジンは、28年間にあたって続いた3.0Lから203馬力を発生する4GR-FSE型 2.5L D-4直噴V6エンジンにサイズダウンされました。Dual VVT-iと組み合わせられ、デュアルメインマフラーなどの採用もあって、非常にレスポンスに優れたエンジンとなっています。

アスリートシリーズで注目は、最高出力235馬力を発生する8AR-FTS型 2.0Lターボエンジンを搭載したモデルで、低回転から高回転まで、どの回転域でも高トルクをキープすることができるのが特徴です。気持ちのよい加速フィールは、ドカンと来るターボとは違い、とても滑らかです。燃費も13.4km/Lと低燃費を実現しています。

また、ロイヤルサルーンシリーズにも、アスリートシリーズにもハイブリッドが設定されています。エンジンは前モデルの排気量を2GR-FSE型3.5L ら2.5Lにダウンサイジングされました。このエンジンはカムリに使用されている2AR-FXE型エンジンをもとにして、新しい直噴技術である「D-4S」を用いて直噴化しています。さらに300N・mという最大トルクをもつモーターと組み合わせることで、3.0Lエンジンに匹敵する動力性能を得ています。JC08モード燃費は、23.2km/Lに向上しています。

クラウン最上級クラスのマジェスタ

クラウン、この自動車名を耳にしたことのある方は多いでしょう。
今から約60年前に発売され、今なお新車が販売され続けている、日本を代表する高級セダンです。
発売元はトヨタ自動車、売り出されてから半世紀以上。
この自動車メーカーにとって、特別であり続ける車種です。
高級感溢れる造りで、「いつかはクラウン」という、有名なキャッチコピーも生まれました。
内装はセレブリティに相応しいものです。
様々な機能、素晴らしい座り心地のシート。
大衆車とは一線を画します。
外装はスタイリッシュであり、骨太です。
年を経る毎にモデルチェンジを繰り返してきましたが、新モデルが発表される際は注目を集め続けます。
そして、いつの時代も先進性と堅実性を合わせ持っていました。
高級セダンとして君臨しつつ、最近ではキャッチーなCMを放送したり、ピンクや水色の車色を設定するなど、発売開始当時とは様変わりした現在の自動車業界においても、インパクトや存在感は衰えません。
種類も多様です。セダンにワゴン、かつてはトラックもありましたし、皆さんよく見かけるでしょう、タクシーもあります。
やはり、安心感がありますね。
ユーザーの需要に答えるべく、世界観を広げるトヨタ・クラウン。
この車には最上級グレードがあります。

それが、クラウンマジェスタです。

クラウンマジェスタは、特別な存在です。
乗っているだけで感じられる、特別感・優越感。
マジェスタに乗ることが出来るのは、会社役員・社長等のイメージがあります。
自ら操り運転するもよし、後部座席にゆったりと座り、街の移ろいを目にするもよし、たくさんのニーズに応えうる自動車です。
都市部の短時間移動でも、充分休養を得ることが出来るでしょうし、長距離の高速道路移動なども、快適に過ごせます。
いつかマジェスタに乗る日が来るとしたら、その時は周囲に自慢できるでしょう。
発売されてから息の長い自動車です。
この車の歴史を紐解くだけで楽しく、時間などあっという間です。
それぞれの時代に則したデザイン、価格、新たな機能。
年代により、ファンも別れたり、論争があるなど、飽きることはありません。
歴史があるということは、メーカーの並々ならぬ努力あってのものです。
新型発表時は、いまだ大変な話題となるだけに、担当者各位はとてつもないプレッシャーと戦っていることでしょう。
いつまでも我々自動車ユーザーに夢を与え続けてもらいたい、煌めく自動車であることを願います。

始めの投稿

ワードプレスを使ってブログを始めました。車を取り巻く環境は日々、変化しています。特に今は、GPSによるカーナビゲーションシステムと自動運転の登場により、従来の自動車の運転や交通の概念が覆されようとしています。

また、エコロジーの問題も忘れてはなりません。20世紀に自動車が誕生して以来、地球の環境に少なからずとも影響を及ぼしているからです。自動車の排気ガスに含まれるNoxという成分をいかに減少させるか、自動車を走らせるためにどんなクリーンエネルギーを使用すればよいのか?

また、自動車による不幸な事故の問題もあります。

私たちに光をもたらしたかのように思える自動車ですが、課題は山積みです。

しかしながら、自動車は私たちが利用方法さえ間違えなければ、限りなく人間を幸福に導いてくれるものであると、私は確信しています。

自動車の魅力を探り、自動車を楽しみ、一緒に人生をエンジョイしていきましょう。